色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ゴリラと会話できる!?

<ゴリラ>手話で「歯が痛い」 米加州で治療受ける


 アメリカのメスゴリラの話。ココ、というそのゴリラは、一歳のときから手話を学び始め、約1000の手話サインを習得したという。英語も2000語のボキャブラリーがあり、話すことはできないが、理解することができるそうだ。

-----------------
約1カ月前から、手話で痛みを意味するジェスチャーと口を指さすしぐさを繰りかえし始めたという。12人の専門家が集まり、虫歯を抜いたそうだが、麻酔をかけられる前、ココは専門家たちとの面会を要求。赤い服を着た女性医師に「もっと近くに来て」と手話で話しかけ、女性が名刺を差し出すと、むしゃむしゃ食べたという。(毎日新聞、上記URLより引用一部改変)
---------------------

 黄金都市(マイケル・クライトン 早川書房)という小説に知恵の発達したゴリラが登場するのだが、ゴリラって本当に賢いらしい。ゴリラのコミュニケーションがどのくらいまで深いものなのか、などまだまだ解明の余地は残されていそうだが、研究の成果や意義がどうのこうのという話以前に、単純にわくわくする。人間は本質的にコミュニケーションを欲する動物だからだろうか。言葉が簡単には通じない相手だとなおさらなのかもしれない。国境問題で中国や韓国と分かり合うより、ゴリラとのコミュニケーションの方がはるかに簡単だったりして。ちなみに、『黄金都市』はコンゴという題名で映画化されている。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-10 01:15 | 【ニュース】社会