色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
-------------------------
 6日午前7時35分ごろ、大阪府池田市伏尾町の路上で、通学途中の高校2年の女子生徒(16)がすれ違いざまに男に抱きつかれ、左腕に高圧電流銃のようなものを押しつけられて軽傷を負った。池田市は約2時間半後に、市内の保護者らの携帯電話など約1730件に電子メールで、事件発生を一斉送信した。
 システムは、大阪教育大付属池田小学校の校内児童殺傷事件をきっかけに開発したもので、保護者らの携帯電話など登録されたあて先に、不審者情報を電子メールで一斉送信する。六月から運用を始めており、実際の事件によるシステム運用は今回が初めて。
 池田署によると、女子生徒が大声を出すと、男は走って逃げた。女子生徒は、左腕が赤く腫れ軽傷。男は25歳ぐらいで、身長は約160センチ。白色のTシャツにジーパンをはいていたといい、同署は暴行の疑いで男の行方を捜している。(共同通信)
-------------------------
 
 池田市と聞いてあの事件のことをすぐに思い出したのだが、事件を教訓にしてこのようなシステムがあったのね。ユビキタス時代といったら大げさだけれど、携帯のような情報端末をみんなが持つ時代だからこそ可能なシステムといえる。1730件という登録件数は、42,968世帯(平成16年6月1日現在 参考http://www.pref.osaka.jp/toukei/ )という池田市の世帯数から考えてみれば決して多い数字とはいえないが、このような運用例などが増えれば自然と増えていくだろう。
 特に都心で、地域で犯罪や治安に取り組むといった風潮が薄れる昨今、このようなアプローチ方法も有効なのかも。
[PR]
# by tomoaki_s | 2004-07-06 15:35 | 【ニュース】社会
------------------------------
 坂口厚生労働相は6日の閣議後の記者会見で、真野章・社会保険庁長官の後任に損害保険ジャパン副社長の村瀬清司氏(57)を起用すると発表した。16日付で正式に発令する。

 トップに民間人が就任するのは、1962年の社会保険庁発足以来初めて。政府は今後、長官以外にも3、40人の民間人を登用し、年金保険料の無駄遣いや個人情報漏えいなど、多くの問題が指摘されている同庁の抜本改革に取り組む方針だ。

 社会保険庁をめぐっては、通常国会での年金改革関連法審議などで、非効率な業務運営や不適切な支出の実態が明るみに出た。赤字経営の年金福祉施設に多額の年金財源が投入されてきたほか、年金保険料を長官交際費などに使ったり、年金加入記録の個人情報が漏れたりした。

 政府・与党内では抜本的な組織改革を求める声が強まっていた。社会保険庁の業務では、膨大な個人データの管理や、全国に散らばる組織の連携が必要となる。このため、情報・組織管理に共通点がある損保会社の幹部で、「誠実な人柄で、職員とともに改革をやっていける人」(坂口氏)として、村瀬氏起用を決めた。(読売新聞7月6日)

------------------------------

保険問題も色々ですね。

しかしあれだな。
民間から採用! とするとなんとなく良さげな感じがするのは何故だろう。
官僚だとダメってことでしょうか。
組織改革につながるのは、確かにその存在だけでそうなんだろうけれど、
イメージ的になんかプラスアルファーあるよね。
官僚は汚れてる、、、みたいな。

常に空気を入れ替えないと、やっぱりジメっとしてしまうのですかね。
どの組織でも。
[PR]
# by tomoaki_s | 2004-07-06 14:28 | 【ニュース】政治
-----------------
<曽我ひとみさん>「住む場所は日本」 会見で募る思い語る

 9日にインドネシアのジャカルタで、北朝鮮に残した家族と再会することが決まった拉致被害者の曽我ひとみさん(45)が6日午前、新潟県佐渡市真野支所で記者会見し「最後の最後の日は、4人がそろってこの日本で暮らしたいという気持ちでいっぱい」と募る思いを語った。

 曽我さんが会見するのは、再会が決まってから初めて。1年9カ月ぶりに家族と会える今の心境について「目の前に家族4人そろって抱き合える時間が迫っている。一言で言うことは難しいが、うれしくて、ほっとしている」と話した。

 一方で「家族と会うことではなくて、その先のことが心配」と話し、夫のジェンキンスさん(64)の訴追問題解決や日本永住に向けた説得への複雑な心情をのぞかせた。さらに「会ってよかったよかったで終わるのでは絶対ないと思っている」「最後に住む場所は日本と心に決めている。その一歩と思っている」などと、時間がかかっても日本での家族永住を目指す決意を明らかにした。

 長女美花さん(21)、二女ブリンダさん(18)に対しては「この2年間、お母さんとしてできなかったことを心から謝りたい」と語った。ジェンキンスさんについては、「健康状態がよくないという報道があるので、まずは体のことを聞きたい」と気遣った。

 曽我さんは7日に上京し、8日に中山恭子内閣官房参与らとともにジャカルタ入り。ジェンキンスさんらは9日、日本のチャーター機で平壌からジャカルタに入る。【作田総輝】(毎日新聞7月6日)
----------------

個人的には北朝鮮の対応が比較的スムーズで協力的だったのに驚いた。でも、ちょっと協力的な姿勢を示すだけで、意外と思われるのだから北朝鮮っておかしな国だよね。
そもそも国家単位で他国の人間を拉致したんだからさ。日本がアメリカ人拉致したらどなるんだっつーの。そういうこと考えると、北朝鮮という国の性質や、東アジア情勢、過去の歴史など色々な要素があるとはいえ、日本政府の対応は弱い気がする。ま、いつ爆発してもおかしくない爆弾をなだめすかしつつ、なんとか前進している、、、といえば確かにそうだし、評価は出来るのかも。やらないよりはマシってぐらいで。

今後日本での生活が実現するかは、アメリカとの問題も関わってくるだけに、微妙なところ。なかなか難しいってのが実情なんだろうな。アメリカも、軍の規律問題で揺れてるときだし、筋通すところは通さなきゃいけないしね。会えたはいいけど・・・・みたいな展開が、少なくとも短期的な視野で見た場合には予想できる気がする。それが分かってたから、北朝鮮も協力的な態度をとったのかなぁ。

どうなるんだろう。
[PR]
# by tomoaki_s | 2004-07-06 14:09 | 【ニュース】国際関係