色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:【ニュース】スポーツ( 15 )

プロ野球問題

私たちは12球団を残すことがプロ野球全体にとっていいことだと思います。

練習開始を一時間勘違いして早く来てしまったので、学校のパソコンをかちゃかちゃやってます。そしたらこんなの発見。遅いよ!って思われた方ごめんなさい。当然賛成側のブログなので、一面的な議論に終始しがちですが、ふんふんと思って読んでました。


はー、しかし今にも雨が降りそうですね。
練習はともかくレッスンどうなるんかな。。

あ、メニュー考えてねえ、、、

考えよ。。
ま、ジュニアなので基礎練で。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-23 12:24 | 【ニュース】スポーツ

ライブドアが新球団!?

ライブドア堀江社長が新球団設立へ

ちょっと遅くなってしまったが、この話。

ライブドアが新球団を作ろうというのだ。

球団の本拠地は大阪府に置き、大阪ドームを専用球場とするほか、オリックスと近鉄による新チームの保有選手から外れた者らを中心に雇用する方針だという。オリックス・近鉄の合併後のプロテクトから外れた選手を引き受けるという救済策は確かに悪くないかも。
ただ、オーナーの四分の三以上の賛成が必要であったり、あるいは60億円の加盟料を支払わなければいけなかったりと、障害はなかなか大きい。

個人的はぜひやってほしいと思う。

合併されて、球団から「捨てられた」選手たちが奮起して、”悪徳オーナー”(もう辞めてしまったけれど)の球団をはじめ、今までのチームをばったばったと倒していくのだ。実に痛快ではないか。映画「メジャーリーグ」以上の本物の感動を味わうことが出来るかもしれない。さらに球団だけでの独立採算制にしていくとのことで、今までの球団運営を根本から覆してしまうかもしれない、という可能性も秘めている。オーナーたちは口を揃えて球団経営は赤字であると言う。そんなことはない、と言い切っているのだからやらせてみたらどうか。経営は全てオープンにし透明化するそうだ。面白い。


確かに、考えられないと思う。難しいと思う。ひょっとしたら、できないんじゃないか、とも思う。

しかし、自分で限界を作らない姿勢に共感を覚えるのだ。
そんな自覚はないかもしれないけれど。



練習中、やりもしないで、最初から無理と決め付ける後輩の発言に愕然とした。やれるかやれないかなんてやってみないと分からないじゃないか。ぶっ倒れるまでやってみればいいじゃないか。倒れたら倒れたときその先のこと考えればいい。できるかもしれないし、できないかもしれない。ただ、出来ないと自分で決めてしまえば、絶対に出来ない。自分で限界を決めてしまったら、その上になんて絶対いけない。自分の限界は自分で決めるものじゃない。

確かに球団経営は、倒れたらそのとき考えればいい、という類のものではない。決して倒れてはいけないものではある。しかし、「無理だ」「ありえない」という言葉を聞くたび、そんなもの全部跳ね返せと思ってしまうのだ。

というわけで、僕は、ライブドアを応援しています。





あと全然関係ないですが、華氏911を見たいです。


うーん、関係ないにもほどがあるな。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-21 00:05 | 【ニュース】スポーツ
テレ朝。報道ステーション。

古館。

卓球の愛ちゃんを評して、

「国民的たまっごっち状態」

とぬかす。


なんだこのバカは、と正直思った。



小さいころから見ていたから自分が育てていたという錯覚を覚える、という前置きをおいてのことだったが、なんてアホな発言だろう。メディアは育てていたわけではなく、成長している過程を伝えただけだ。しかも「泣き虫」という余計な枕詞をつけて。育てたいから放映したのではなく、話題性たっぷりだったから放映しただけだ。面白おかしく。大体、彼女の卓球の上達においてどんな貢献をしたというのだ、国民が。そもそも人間はボタンひとつで成長したりなんかしない。家族やコーチの方が見ていたらどんな気持ちになったのだろう。不愉快を通り越して、あきれ果てているのかも。


しかし、メディアに露出している人間は大変だな。

当たり障りのない発言は面白味がないし、かといって奇をてらうとこのようなことになる。ま、奇をてらったわけじゃないかもしれないけれど。

メディアの人間の中でも、古館さんのような特徴的な人は特に賛否両論激しいようですが、個人的には好きでも嫌いでもありません。あ、でも今回のようにいかにも「僕は分かっているんですよ」としたり顔で話すときはあまり好きでないかも。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-19 22:23 | 【ニュース】スポーツ

らすと。

>優勝を何度も奇跡、奇跡と言っているのが特にいやだった。
>スポーツには奇跡はないと思う。川口も「奇跡」と言われて「今までの
>積み重ねを出すことができた」と言っていたではないか。それまでの
>練習が、積み重ねがあってこそのプレーなのだ。全ては必然である。
(自分のの記事より引用)


決勝前の監督インタビュー


-(中国人記者) 中国に、「奇跡は三度は続かない」ということわざがあるが・・・

-(ジーコ) 私たちは実力でここに居るのであって、幸運で勝ってきたわけではない。


とても共感したので、ここに書き記しておこう。

というわけで、アジアカップ関連は、終わりです。
お疲れ様でした!
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-09 23:12 | 【ニュース】スポーツ
アンガールズは卑怯だと思う。
あんな二人組が来たらコントの前に笑うだろっつーの。
最強の出オチである。

オチの前なのに。


アジアカップ関連、まだちょっと書き足りないのでちょこちょこと。

宮本のコメント:
カップを持ったときは本当に嬉しかった。カップを持って監督に差し出したら、『私はいらない。ジョカトーレ(選手)に持って行きなさい』と言われました」

ジーコ泣かせるな(><


中国の監督は授賞式に出なかったそうだ。失礼極まりない。準優勝なのに。。それに対して、中国メディアへの対応でみてもジーコは本当に紳士だと思う。ちなみにハーン監督(中国)は、会見で『1点目は本当は中国に与えられるべきFKだった。そして2点目はハンドの疑いがあり、3点目はスン・ジハイが倒されていたのにファウルが認められず、日本にボールが渡ってゴールを決められてしまった。』と述べた。(「この敗戦だけは受け入れがたい」中国代表ハーン監督=アジア杯


テレビは今大会通して、ずっとテレ朝で見ていたのだが、松木さんとセルジオ越後のコンビがすごくよかった。特に松木さんの「応援解説」とそれにつられてか今までにない興奮した姿を見せてくれたセルジオ越後に、テレビを見ているこっちまでものすごく熱くなった。アナウンサーとインタビュアーのわざとらしさが相変わらず鼻についたが。あれはなんとかならないのかな。優勝を何度も奇跡、奇跡と言っているのが特にいやだった。スポーツには奇跡はないと思う。川口も「奇跡」と言われて「今までの積み重ねを出すことができた」と言っていたではないか。それまでの練習が、積み重ねがあってこそのプレーなのだ。全ては必然である。スポーツは宝くじではない。スポーツを真剣にやったことがある人ならば、分かるだろうに。


ちょっとそれるが、松木さんといえば、いつか代表の試合で負けたときこんなことを言っていたような気がする。

「サッカーには絶対勝つ方法なんてありません。
でも、勝つ可能性を少しでも上げるために
できることはたくさんあるし、やらなければならない。
今日の日本がそれを全てやっていたのか、は疑問の残るところです。」

感情表現がストレートで、うんちくを好む人にはいまいちなのかもしれないけれど、代表の試合はこれからも松木さんで見たいなぁ。


参考URL
「中国は、日本を認めなければならない」AFCベラパン事務総長=アジア杯
「日本を代表する大きなチームができた」ジーコ監督=サッカー日本代表
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-08 04:53 | 【ニュース】スポーツ
喜び爆発、ジーコ胴上げ=アジア杯サッカー

というわけで、日本が見事優勝した。

今日は昼からプロが来てくれた練習会があり、練習後みんなで食事をしていたのだが、残念なことにみなあまりサッカーに興味がない様子。なんでじゃ、と一人憤慨し、九時前に一人帰ってきてテレビ観戦していた。あいつらはテニスだけやってればいいのだ。くそぅ。

試合の方だが、各所からの呼びかけがあったのにも関わらず、残念ながら国歌斉唱のときのブーイングはひどかったようだ。演奏が聞こえないくらいだったというから、相当だったのだろう。ちなみに、僕はぎりぎりまで食事をしていたので、国歌斉唱は聞くことができなかった。(中国観衆、君が代に大ブーイング…自制効果なし

今日は絶対に勝ってほしい試合だった。理由は二点。当然ながらここまで頑張った自国に勝ってもらいたい。それから日本に負けた中国の姿を見てみたかった。(変な意味ではなく、負けた後、どのような反応をするのかな、と。正直に言ってしまえば、ブーイングを拍手に変えるような器の大きさがあるといいな、と、そういう期待を寄せていた。スポーツでの頑張りは複雑な感情を吹き飛ばしてしまうものがあると、僕はそんな甘い幻想を抱いている)

試合は、前半中国に押し込まれつつも、中村のFKから一点。その後同点に追いつかれるも、後半、同じく中村のCKから中田が、スルーパスから玉田が、それぞれ点をとり、結果3-1で勝った。二点目、中国の選手は中田のハンドだと猛烈アピールをしていたが、正直あれはハンドだと思う。微妙なところだが。中国よりの判定(スローインがオフサイドって!)ばかりしていた審判が、一番重要なところでそれをしなかったという皮肉は面白い。だからこそ、玉田の三点目の意味は大きい。2-1であれば、「誤審」がなければ日本に勝っていたかもしれない、というイメージを残す。しかし、3-1。言い訳のしようがない。中国は日本に負けたのである。

確かにどちら側も大興奮して、お互いの検討を称えあうような好試合ではなかったかもしれない。しかし、正々堂々と負けを認め、拍手してほしかった。仕方ないなお前のことは嫌いだけど今回は負けを認めてやるか。でも次はこうはいかないぞ。なんて、いまどきどんなくさい漫画ですら言わせないような恥ずかしいセリフを吐くかのごとく、拍手をしてほしかった。いや、さっきのセリフは余計だけれど。とにかく!!! ノーサイドってのはサッカーの言葉ではないけれど、ラグビーよりサッカーの方が先にあったわけで、というよりラグビーってのはフットボールの試合で突然手でつかんでゴールしちゃったのがその由来なわけで、ある意味弟分なわけで、弟分ですら言っていることなんだから、兄貴にも実行してもらいたかったわけで。また事件が起こっちゃったわけで。違うHOTELじゃない。あー、もう。ちなみに僕には姉さんはいません、妹がいます。どうでもいいね。


紙の日の丸焼き、拘束者も=数千人「反日」で騒ぐ-中国・アジア杯サッカー

-------------------------
 サッカーのアジア・カップ決勝戦の会場となった北京の工人体育場周辺では、中国チームの敗退が伝わると、興奮した数千人が不満の声を上げて同体育場前の大通りをデモ行進。一部の中国人ファンは持っていた紙製の日本国旗に火を付け、気勢を上げた。
 体育場周辺に集まった中国人ファンは「敵を殺せ」などと叫びながら機動隊と小競り合いを繰り返し、体育場から出る日本人が乗ったバスに投石しようとしたが、警備陣に阻まれた。
 この騒ぎで体育場内にいた日本人サポーター2000人が足止めを食い、外に出られなくなった。場外に集まった中国人ファンは体育場の周辺に押し出されたが、爆竹を鳴らすなどの騒ぎも起きた。(時事通信 上記URLより引用、一部略)
--------------------------

なんていうか、色々書きたいのだけれど、とりあえず残念な気持ちでいっぱいだ。「敵を殺せ」って。お前が死ねと言いそうになる。言っちゃ駄目。あ、言ってるようなもんか。

次、中国代表が日本に来て試合をするときには、日本のサポーターには、絶対にブーイングしてほしくない。サポーターも含めて、フェアプレー精神で戦ってほしいと思う。いらいらしている人も多いだろうけれど、同じことやっても意味ないし。同じ土俵に立っても仕方ないし。どちらかが大人にならないといけませんね。

ってわけで、次は、中国が日本に来たときの試合に注目したいと思う。
日本人はどうなんだろうなぁ。

以下色々感じたこと。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-08 02:05 | 【ニュース】スポーツ
ダイエー吸収合併へロッテ100億円提示(スポーツ報知)

UFJなどダイエーの主力銀行3行が本社業の再建に産業再生機構の活用と同時に、ダイエー球団の売却を要請しているという。ロッテの球団社長はダイエーサイドの話としてノーコメント。
ロッテは韓国にも球団を持っており、ダイエーが福岡ドームから本拠地を30年間動かせない契約を結んでいることなどから、本拠地は福岡になる可能性が高い、とのこと。

もし実現すれば、パ・リーグは本格的に4球団となり、選手、ファンの動きとは逆行する進み方だ。プロへの門戸が閉ざされるので、野球人口が減ってしまうという危惧も本当のものになるのかも。第二のライブドア出現しないかな。その人もスーツをきないでシャツで会見とかしたら全力で笑う。

とりあえず、脱力感。



関係ないけれど、小学校のころ少年野球をやっていた。東京に引っ越した小学校六年まで。ショートだったような気がする。ところが、都内の学校では良くある話だが、中学のグラウンドが狭かったので、野球部はグラウンドでの練習はできずもっぱら筋トレばかり、時々外のグラウンドを借りて練習していたようだ。サッカー部も同じような状況で、しかも中高一貫のため高校生が優先だった。

というわけで、なぜかテニスコートだけ五面あって、ナイター設備など十分環境の整っていたテニスを選んだ。テニス部は高校からスポーツ推薦を取りまくっているだけあって、激しく強かった。だから環境が整っていたのか、と高校生になって納得。消去法で選んだのに、まだ続けている。そんなもんなのかな。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-07 12:17 | 【ニュース】スポーツ
Yahoo!ニュース - サッカー・アジアカップの反日問題

どこのBLOGでも話題になっているが、中国人のマナーの悪さはひどい。具体的な行動については、以前も書いたし、多くのところで出ている話なので割愛するが、とにかくひどい。

色々な社説、BLOGなどを見ると、多くの人がスポーツと政治の場を混同する中国人に対しての非難のコメントを掲載している。反中感情がなくても、国歌斉唱のときにブーイングをくわらわされたら(対戦国でもないのに!)、そりゃあ嫌になるというものである。あの試合を見た多くの日本人の対中感情は悪化したに違いない。スポーツで国家間の関係が悪化するなど、本末転倒も甚だしい。

その一方で、官邸や外務省など8つの政府機関に対してサイバー攻撃がなされた。中国の反日サイトでは「よくやった」「まだ攻撃を続けるべき」などといった書き込みがなされているという。中国でも、反日感情が顕在化し、より一層強まったと見ることができよう。

日本政府は中国に正式に抗議を申し入れたそうだが、中国政府はそれに応える一方で、「少数の者の行為を過度に取り上げ、政治と連動させている」と日本メディアを非難した。日本政府、中国政府共に日中関係の改善を図りたいというのが本音だろう。しかし、これまでの抗日教育が今回の騒動の背景にあるのは明らかで、中国政府としても複雑なところではないか。

同じアジアで、経済的にも成長してきているのにも関わらず、サッカーでは日本や韓国に勝てない。そういったサポーターの苛立ちもあるのだろう。アジアは日本と韓国だけではない、という強烈な自意識も感じられる。


決勝戦、図らずも、日本対中国という組み合わせになった。仮に中国が勝てば、何の問題もないだろう。サポーター(サポーターと呼ぶに値しない群集だが)は大満足。中国の選手もほっと一安心である。問題は、日本が勝ってしまったときだ。ホーム、これまで全力で嫌がらせをしてきた相手が、決勝まで来てしまっただけでフラストレーションがたまっているのに、決勝の舞台で自国が負けてしまったら、、、


今中国では、見識者や政府が、節度ある態度をと必死に訴えているらしい。ましてや舞台は四年後平和の祭典、オリンピックが開催される都市である。中国人(一部かもしれないが、サッカーの試合を見ているときは、それが全てである)がどの程度の器を持っているのか、それを見極めるいい機会だ。日韓関係は、あきらかに02年の日韓共催ワールドカップを契機に前進した。アジアカップはそうなり得るか。

決勝戦、いい試合を、そして日本の勝利を期待する。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-05 18:36 | 【ニュース】スポーツ
中国紙、アジア杯の反日ファンを異例の批判
------------------------------
 【重慶(中国)=伊藤彰浩】中国で開催中のサッカー・アジアカップに関し、中国共産主義青年団(共青団)機関紙「中国青年報」は29日、反日的ファンの礼儀を失した行動を戒める異例の記事を掲載し、ホスト国の危機感を示した。

 記事は日本対タイ戦(24日)について、日本人ファン罵倒(ばとう)やブーイングなど「中国人ファンが過激な行為を見せた」ことを詳報。署名記事では、「日本が選手の安全を理由にアジアカップに出ないようなことになれば、アジアサッカー史上最大の醜聞」「2008年には北京五輪が待っていることを忘れるな」とファンを厳しく批判した。(読売新聞)
------------------------------

 最近中国では反日感情が高まっているそうで。確かにブーイングひどかったしなぁ。重慶は特にひどいらしい。イラン戦も大ブーイング。イランのサポーターかっていうくらい。色々な過去があったのは確かだし、こちらからは言いにくい雰囲気であるのは事実。
 だけど・・・。共青団の機関紙で指摘ってのは、なんだか救われた気分。試合中のブーイングはともかく、せめて国歌斉唱の時ぐらいはブーイングを止めるというのが最低限の礼儀ではないか。

 ってのは、あれか、向こうの人にしてみたら、何をお前! ってことになるのかな。やはり歴史問題は難しい。

 でもやはりスポーツと政治は切り離して考えるべきだし、それがわざわざ他国とスポーツで競うことの意義なのではないかと思う。オリンピックは、そういった感情をスポーツとして昇華するために開かれたものであるのに、その場で政治的なアピールを行ってしまえば、まさに本末転倒の極みである。北京オリンピックは、さすがにそういうことはない、と信じたい。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-29 23:29 | 【ニュース】スポーツ
阪神孤立…来季1リーグ制へ加速(日刊スポーツ)

あややや。

-----------------------
プロ野球12球団の代表者、理事が集まる実行委員会が26日に都内ホテルで行われ、球界再編問題が討議された。来季の1リーグ制移行に反対を表明した阪神の野崎勝義球団社長(62)は2リーグ制の維持を正式に提案し、次回の同委員会(8月16日)までの検討課題に持ち込んだ。しかし、6時間45分と異例の長さに及んだ会議の中で実態は孤立状態。巨人、パ・リーグを中心とした1リーグ制移行の流れを押し返すまでには至らなかった。日本シリーズ、球宴に代わる案も同委員会で検討していくことになり、実質的に来季からの10球団1リーグ制への再編が加速した。(上記URLより引用)
-----------------------

会議七時間か。。
なげーな。
グルワ七時間やったら確実に非効率で最後のほうはだれてしまうけれど、この会議はどうだったのだろう。

---------------------------
 23日までには「セの5球団で総論、合意できた」と足並みをそろえた実感があった。だが肝心の論戦の場でスクラムは崩れた。パ側からは阪神が「孤立」しているように映った。
---------------------------

よくある展開だ。。
準備段階ではばっちり用意したはずなのに、本番ではがたがた、、、

しかし一体どこで押し切ったんだろう。
一リーグ制の案がそんなに論理的だったのか。
それとも二リーグが弱かったか。
あるいは、巨人パワーか。

議論の場としてのレベルが低いと、個々人のパワーゲームで総意が決定してしまいがちだけれど、どうだったのかな。

そこが一番気になる。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-27 22:44 | 【ニュース】スポーツ