色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:映画とか( 2 )

I, ROBOT

アイ,ロボット

ロボット三原則というのをご存知だろうか。

1、ロボットは人間を傷つけてはならない。
2、ロボットは、1に反さない限りにおいて、人間の命令を聞かなければならない。
3、ロボットは、1および2に反さない限りにおいて、自らの身を守らなければならない。
アイザック・アシモフが提唱したこの原則は、多くのSF小説や映画で使用され、SFにおける大原則となっている。

この映画は、その原則に従って作られたはずのロボットが反乱を・・・というもの。細かいストーリや結末は当然ながら知らないが、どんな話なのか気になる。ちなみにアシモフの「われはロボット」にインスパイアされて製作されたそうだ。

そう、僕はロボットが好きなのだ。人工知能とか、ロボットとか、そういうの考えるだけでわくわくする。昔、アシモフはもちろん、アーサー・C・クラークやその他大勢のSF作家の本を読み漁った時期もあった。それが今の研究の原点になっているというのに、忙しい毎日に追われていると時々それを忘れてしまう。

将来、ロボットの商品開発、企画などに携わるような仕事ってのもアリかな、と考える今日この頃。

ただ、現実世界とSF世界とのあまりのギャップを鑑みるたび、萎えていくのよね。映画の設定は2035年ということだが、実際ありえない話だし。

うむー。

去年書いたアンドリューの感想があったので・・・(ネタばれありです!)
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-29 17:57 | 映画とか

隣のトトロ

となりのトトロを見ている。

メイがトトロに会ったのーと言ったところ。
やっぱすごいなー。宮崎作品。

「きっとメイは、森の神様に会ったんだよ」

トトロという意味不明な動物(?)に会ったと言う幼稚園の子の話を、「ありえない」と否定したり笑って流したりせず素直に受け止めてあげる大人の存在を忘れていない、というところが何よりいい。あるいはそれが、宮崎作品の最大の特徴であり、老若男女問わず好かれている理由なのかもしれないな、とそう思った。宮崎作品は、大人が心のどこかにしまいこんでしまったそんな感情を、もう一度呼び起こさせてくれるのだけでなく、そんな自分自身を投影できる人物を登場させてくれるのだ。大人は、「お父さん」と自分自身を重ね合わせ、自分の心の奥底にある大切な気持ちが、まだ完全には消えてしまっていないということを再確認する。



にしても、、、メイちゃんかわいー。


そういえばジブリ美術館行ったことないな。
行ってみたい。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-23 22:05 | 映画とか