色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:科学技術( 2 )

世界初の実世界ロールプレイングゲーム「ユビキタス・ゲーミング」を開発!

なんじゃこりゃ! と。

先端研はまだ分かるとして、なぜに凸版?まあ、凸版印刷が何をやっているか、ということ自体あまり知らないのですが、イメージ的に。

『ユビキタス・コンピューティングを、ゲームを通じて実感することができるシステム』ということなので、主眼はゲーム性というよりは、ユビキタス性におかれているようです。
---------------
 NICT駒場SVRリサーチセンターと凸版印刷は、バーチャルリアリティを応用し、スクリーンの向こうに作られた仮想世界の中で芸術・歴史や科学技術を体験的に理解するための研究をすすめています。(上記URLより引用)
-----------------

ふーん。やっぱり僕はあまりに会社を知らなすぎるようです。アンテナはりめぐらさなければ。


先端研かー。父は知ってるのでしょうか。


しらねーな・・・確実に・・・。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-29 22:11 | 科学技術
“指パチ”で操作~ドコモ、時計型の「UbiButton」

『指先を軽く触れ合わせる“指パチ”動作を検出し、機器のコントロールが行える。指パチのタイミングによって、例えば5ストロークで30種類程度のコマンドを発行できる。これによって、テレビや照明などの機器を、指パチのタイミングで操作することが可能』だそう。衝撃の強さには対応しておらず、オン/オフのみだそうだが、今後あらゆる機器に対応していく予感。体のどこかに触れていて衝撃を感じることが出来ればいいということなので、腕時計型という形にこだわることもないだろう。
参考出展ということで、具体的な商品化の話はまだ出ていないが、楽しみ。

こうやってどんどん”近未来化”していくんだろうな。
「過渡期」だということを実感して、しっかり目を開けておかねば。

こんな話も。

もしも、携帯がカギになったら――


電話を小さくし、それに多機能なものにした。

のではなく、

あらゆるものを小さくし、ひとつにまとめる。
電話はその機能のひとつでしかない。

となるのだろうか。
それも近い将来。
試しに、最新の携帯電話に備わっている機能をあげてみるといい。

パラダイムシフトと言っても大げさではない、のかも。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-21 17:21 | 科学技術