色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アジアカップ決勝で見えるもの。

Yahoo!ニュース - サッカー・アジアカップの反日問題

どこのBLOGでも話題になっているが、中国人のマナーの悪さはひどい。具体的な行動については、以前も書いたし、多くのところで出ている話なので割愛するが、とにかくひどい。

色々な社説、BLOGなどを見ると、多くの人がスポーツと政治の場を混同する中国人に対しての非難のコメントを掲載している。反中感情がなくても、国歌斉唱のときにブーイングをくわらわされたら(対戦国でもないのに!)、そりゃあ嫌になるというものである。あの試合を見た多くの日本人の対中感情は悪化したに違いない。スポーツで国家間の関係が悪化するなど、本末転倒も甚だしい。

その一方で、官邸や外務省など8つの政府機関に対してサイバー攻撃がなされた。中国の反日サイトでは「よくやった」「まだ攻撃を続けるべき」などといった書き込みがなされているという。中国でも、反日感情が顕在化し、より一層強まったと見ることができよう。

日本政府は中国に正式に抗議を申し入れたそうだが、中国政府はそれに応える一方で、「少数の者の行為を過度に取り上げ、政治と連動させている」と日本メディアを非難した。日本政府、中国政府共に日中関係の改善を図りたいというのが本音だろう。しかし、これまでの抗日教育が今回の騒動の背景にあるのは明らかで、中国政府としても複雑なところではないか。

同じアジアで、経済的にも成長してきているのにも関わらず、サッカーでは日本や韓国に勝てない。そういったサポーターの苛立ちもあるのだろう。アジアは日本と韓国だけではない、という強烈な自意識も感じられる。


決勝戦、図らずも、日本対中国という組み合わせになった。仮に中国が勝てば、何の問題もないだろう。サポーター(サポーターと呼ぶに値しない群集だが)は大満足。中国の選手もほっと一安心である。問題は、日本が勝ってしまったときだ。ホーム、これまで全力で嫌がらせをしてきた相手が、決勝まで来てしまっただけでフラストレーションがたまっているのに、決勝の舞台で自国が負けてしまったら、、、


今中国では、見識者や政府が、節度ある態度をと必死に訴えているらしい。ましてや舞台は四年後平和の祭典、オリンピックが開催される都市である。中国人(一部かもしれないが、サッカーの試合を見ているときは、それが全てである)がどの程度の器を持っているのか、それを見極めるいい機会だ。日韓関係は、あきらかに02年の日韓共催ワールドカップを契機に前進した。アジアカップはそうなり得るか。

決勝戦、いい試合を、そして日本の勝利を期待する。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-08-05 18:36 | 【ニュース】スポーツ