色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

七月九日 NYエンパイア・ステート・ビルに有料の昼寝サービス

---------------------
[ニューヨーク 8日 ロイター] 不眠の都市と言われるニューヨークで、エンパイア・ステート・ビルの24階に有料で20分間の昼寝の場所を提供する会社が営業を始めた。
 1カ月前に営業を開始したメトロナップス社。タクシーの警笛や雑踏の喧噪に満ちた下界から隔絶された同社の部屋では、暗く静かな室内に昼寝用の椅子が並び、客は14ドルを支払って昼寝をする。
 共同創業のアーシェド・チャウドリ氏は、「メトロナップスは、多忙なニューヨーカーが市内で昼寝をし、力を蓄えられる場所だ」と話している。
 ホワイトノイズ装置が受付での会話を遮断し、客は歯科医にあるようなリクライニングシートに身を横たえて脚に毛布をかける。ヘッドホンからは音楽。20分経過すると、椅子の振動と光で目覚める仕組み。
 チャウドリ氏によると、20分以上眠ってしまうと、リフレッシュするより疲労感が増してしまうので、20分の時間を設定したという。(ロイター)
--------------------

エンパイアステート・ビルはNYに行ったときに立ち寄った、、、立ち寄った? かどうかは忘れてしまったけれど、まあ要するに、NYの最も有名なビルのひとつである。いくら何でも商売になる時代とはいえ、たった20分寝るだけのために、金を払うということがありうるのだろうか。14ドルというと2000円弱か。

どれくらい需要があるのかな。

事業展開する前にどのくらいの読みで、どうやってそれをリサーチしたのか、それが一番気になる。

というか20分で寝付けるのかな・・・・



と思ったら、汐留でも同じようなサービスをやっていた。

こちらは総合的な睡眠に対するアドバイス(自分にあった照明や枕、BGMなど)を提案した上で、実際に理想的な環境で睡眠30分をとり、その後、どれくらいリラックスしていたかデータ(具体的にはどんなデータなんだろう)を見せてくれる、というもの。なんと60分で2000円。安い。あ、NYのケースに比べたら、ね。

どっちも集客力と今後の展開が気になるところです。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-09 17:01 | 【ニュース】経済