色々試行錯誤中です。


by tomoaki_s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

7月6日 高2女子生徒に高圧電流銃 池田市、事件をメール連絡

-------------------------
 6日午前7時35分ごろ、大阪府池田市伏尾町の路上で、通学途中の高校2年の女子生徒(16)がすれ違いざまに男に抱きつかれ、左腕に高圧電流銃のようなものを押しつけられて軽傷を負った。池田市は約2時間半後に、市内の保護者らの携帯電話など約1730件に電子メールで、事件発生を一斉送信した。
 システムは、大阪教育大付属池田小学校の校内児童殺傷事件をきっかけに開発したもので、保護者らの携帯電話など登録されたあて先に、不審者情報を電子メールで一斉送信する。六月から運用を始めており、実際の事件によるシステム運用は今回が初めて。
 池田署によると、女子生徒が大声を出すと、男は走って逃げた。女子生徒は、左腕が赤く腫れ軽傷。男は25歳ぐらいで、身長は約160センチ。白色のTシャツにジーパンをはいていたといい、同署は暴行の疑いで男の行方を捜している。(共同通信)
-------------------------
 
 池田市と聞いてあの事件のことをすぐに思い出したのだが、事件を教訓にしてこのようなシステムがあったのね。ユビキタス時代といったら大げさだけれど、携帯のような情報端末をみんなが持つ時代だからこそ可能なシステムといえる。1730件という登録件数は、42,968世帯(平成16年6月1日現在 参考http://www.pref.osaka.jp/toukei/ )という池田市の世帯数から考えてみれば決して多い数字とはいえないが、このような運用例などが増えれば自然と増えていくだろう。
 特に都心で、地域で犯罪や治安に取り組むといった風潮が薄れる昨今、このようなアプローチ方法も有効なのかも。
[PR]
by tomoaki_s | 2004-07-06 15:35 | 【ニュース】社会